仕事しながら転職先を探そう

私が転職した際には、リクナビやマイナビ、エンジャパンなどの転職サイトをメインに使っていました。
一度登録してしまえば、自分で検索して興味のある企業へも簡単に応募できるし、非常に効率よく転職活動ができます。

面接に進んだ場合も、基本的には仕事が終わった後に面接に応じて頂ける企業もありましたが、どうしても日中しか時間が合わない場合もありました。そのような時は、仕事柄営業だったので調整して面接を受けたりしていました。

でも、本当は有給使うなどして面接を受けるのが良いのかもしれませんね。
面接では、転職理由や現職での経験、入社してからの自分の未来像などについて、質問を受ける事が多かったです。また、履歴書で空白期間があると、突っ込まれる場合もありました。どうしてこの期間は仕事をしていなかったのか?

理由によっては、企業はこの人は実際は転職したけどその会社ですぐに退職してしまったのかなと、勘ぐります。また本当に空白の場合、自分勝手な都合で感情的に退職した、無計画な人間なのではないかと勘繰られる可能性もあります。

結局は、多くの企業がまともな人間に入社してもらいたいという目線で、品定めしている訳です。出入りが激しい業界や企業でしたら、不問にされる場合も多いでしょう。でも、本人にとっても空白期間は無給になりますので、生活を考えると基本的には避けた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>